Wor-Q
働くみんなの連合サポートQ

相談事例集

Q
依頼にもとづき制作した商品を契約先に納品したところ、第三者から著作権侵害でクレームがありました。誰に責任が問われますか。
A
具体的状況によりますので専門家に相談しましょう。

解説

著作権侵害の態様は様々です。例えばあなたが納品した商品に他人の写真が無断で使用されており、契約先が当該商品を広く販売した場合、あなたも契約先も著作権侵害の責任を問われる可能性があります。ただし、当該写真の使用を契約先に指定されていて他人の写真だとは知らなかった場合にはあなたの責任は否定される可能性がありますし、逆にあなたが他人の写真を使用していたことを契約先が知らなければ契約先の責任は否定されるかもしれません。いずれにしても具体的事情を整理して、弁護士等の専門家に相談しましょう。

 

フリーランスのひとことメモ

 

仕事が完了したと思って安心していたら、ある日突然、知らない誰かから「著作権侵害ですよ」と言われてしまったら。怖いですよね。もしもそのような事態が起きてしまったら、「A」覧に記載されている通り、直ちに法律の専門家に相談するようにしましょう。そういうときのために、Wor-Qの弁護士相談サポート窓口もあります。どうぞご活用ください。

 

いっぽう、そのような事態が起きないように、入念に対策を取っておくことも大切です。まず、納品先と取り交わす契約書において、「納品元が納品先に納品を行い、その後納品先が検品を完了した後は、納品元は、その後におきたトラブルの一切から免責されるものとし、第三者から問い合わせ等が発生した場合には、納品先が、責任をもって対応にあたるものとする」というような免責条項をセットしておくことも有効でしょう。著作権侵害にあたるかどうかの判断は非常に難しいものがあり、第三者から問い合わせが入った場合には、まずは、その第三者との間でコミュニケーションを行って、互いに見解をやりとりする必要が出てきます。その負荷はとても大きなものです。その対応を、納品元であるフリーランスのあなたが「仕事を完了した後も」行わなければならない可能性があるとすると、とてもではないですが、安心して次の仕事に取り掛かれないですよね。「万が一の際に、誰がどう対応するのか?」を、契約でしっかりと定めておくことが重要です。

 

ですが、契約は、あくまでも、納品元と納品先(仕事の発注側と受注側)の2者の間での権利義務関係を取り決めるものです。第三者から「著作権侵害である」というクレームが入った場合には、いずれにしても、第三者との間において、問題を解決していく必要があるものです。そのため、やはり一番重要なことは、第三者からそのような指摘を受けないよう、リスク回避策を入念に実行しておくことです。①まず第一に、納品前、より望ましいのは、なにかを作り始めようとする前に、類似した内容の制作物が世の中に存在していないかどうか、しっかりと調査することです。Web検索を行う程度のことは当然として、デザインやネーミングを考える際には無料で使える特許情報プラットフォーム「J-PlatPat」なども活用してみるとよいでしょう。②そして、のちのち過失を問われないよう、そうした調査のログや、「商用利用可」として提供されている素材については許可文言のコピー等を控えて、納品時に、「制作にあたって、他者の著作権を侵害していないかどうか、入念に調査を行いました」ということをあわせて書類で提出しておくことも大切です。③加えて、予期せぬトラブルを避けるためにも、多少のお金はかかってしまいますが、プロ用に提供されている、著作権関係がきちんとクリアランスされている素材のデータベースを活用することも有用です。安心感が違います。

※「フリーランスのひとことメモ」は、Wor-Qの編集業務を業務委託で担当している「フリーランスとして働いている人」が、個人的な経験等に基づいて執筆しているものです。ひとつの参考としてお読みいただけましたら幸いです。

相談の分類:
相談事例番号:qa64
相談事例ページ公開日: 2022年1月18日