Wor-Q
働くみんなの連合サポートQ

相談事例集

Q
請負契約を結んでいる会社から別の会社への出向を命じられました。
A
請負契約は契約の相手方に対して仕事の完成をなすことを目的とする契約であり、別会社での労務に従事する出向を一方的に命じることはできません。

解説

請負契約は、当事者の一方が仕事の完成を約束し、相手方がその仕事の結果に対して報酬を支払うことを約束する契約です(民法632条)。また、出向とは、雇用先企業の従業員としての地位を保持したまま、他企業の事業所において相当長期間にわたり当該他企業の労務に従事させる人事異動のことです。
出向は、事業主と従業員との間に労働契約が成立しているときに、他企業への出向(=他企業での労働への従事)を命じることができるかどうかが問題となるものです。請負契約を結んでいるときに、発注者が請負人に他企業での労務に従事するよう命じることはできません。

 

フリーランスのひとことメモ

 

フリーランスであるあなたが、ある会社から「請負」という形式で仕事を引き受けたとします。それは決して、「その会社の社員として雇用されている」ということを意味しません。したがって、その会社から指示を受けたとしても、「別の会社に出向し、別の会社の仕事をせよ」という指示に従う必要はありません。

 

あなたは、あくまでもフリーランスとして、具体的な仕事の依頼を受けて仕事をしているわけです。その依頼の範囲を超えたいかなる仕事についても、あなたは、一切、義務を負っていないのです。たとえ口約束であったとしても、契約は契約です。発注者都合で一方的に「依頼する仕事の内容」を変更することはできません。「出向」という言葉を使わずに、「ちょっとさ、お願いしてた仕事がなくなっちゃったからさ、かわりにあっちいって、あの仕事やってやってくんないかな」などと言われることもあるでしょう。そうした場合にも、(あなたが望まないならば)あなたが指示に従う必要は一切ありません。

 

「あいまいさ」がトラブルのもとです。なにもかも「なあなあ」にして、「きみとぼくの関係なんだから(あなたとわたしの関係なんだから)」などといって、あれもこれもごちゃまぜにして、あなたになんでもかんでもお願いしてこようとするクライアント(発注者)の仕事を受け続けることは避けるべきです。

 

あなたは独立したフリーランス(個人事業主)です。発注者との関係は、あくまでも対等です。あなたは、あなたの成し遂げた仕事の成果と引き換えに、報酬を受け取っているのです。ただそれだけのことです。言われるがままになんでも従わなければならない立場ではありません。「自分の置かれた立場、分かってるの?」「誰のおかげで食べていけてると思ってるの?」「あのときの恩を忘れちゃったの?」などと、仕事とは無関係の、尊厳に関わるような発言でもって、精神的にあなたを拘束しようとしてくるような取引先とは、すぐに距離を取るべきです。たとえそのとき一時的に報酬を受け取ることができたとしても、長い目で見れば確実に、あなたから「前向きに働いていこうとするエネルギー」が失われていくことになります。

 

「距離を置きたい」と思った時には、すでに、いろんな仕事の依頼をごちゃまぜに引き受けてしまっていて、綺麗に整理して取引を打ち切ることがもはや困難な状況となっている場合もあるでしょう。そのようなときこそ、絶対にひとりで抱え込まず、第三者に相談するようにしましょう。Wor-Qには、労働相談窓口のほか、弁護士への相談をサポートする窓口も用意されています。ぜひご活用ください。

※「フリーランスのひとことメモ」は、Wor-Qの編集業務を業務委託で担当している「フリーランスとして働いている人」が、個人的な経験等に基づいて執筆しているものです。ひとつの参考としてお読みいただけましたら幸いです。

相談の分類:
相談事例番号:qa23
相談事例ページ公開日: 2021年11月16日