Wor-Q
働くみんなの連合サポートQ

相談事例集

Q
フリーランスになって初めての確定申告をします。どのような手続きが必要ですか。
A
事業開始日から2ヶ月以内に、開業届と青色承認申請書を所轄税務署への提出が必要です。

memo

確定申告とは、「1年間に得た所得を再計算し、納税額を確定させる」作業になります。国民の三つの義務の一つである「納税の義務」を果たすための作業である一方で、納めすぎた税金が還ってくることもあります。
はじめに、事業開始日から2ヶ月以内に開業届、青色承認申請書を所轄税務署に提出してください。翌年の3月15日が申告期限です。最初は税務署の相談会場の利用をお勧めします(税務署職員が丁寧に説明してくれます)。

所得があった人は、所得税を支払う義務があります。確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までの1年間に得たすべての所得金額と、それに対する「所得税と復興特別所得税」(以下、所得税)の額を計算し、納税する手続きのことをいいます。納税額を自分で計算して確定し、自己申告する形式を取っていることから、「確定申告」と呼ばれます。
具体的な手続きとしては、申告期限までに申告書を提出することになります。原則、この手続きは翌年の2月16日~3月15日に行いますが、曜日の関係で前後する場合がありますので、所轄の税務署にご確認ください。
※確定申告期限の取扱いについては、所管の税務署へお問い合わせください。

相談の分類:
相談事例番号:qa99
相談事例ページ公開日: 2020年10月13日