Wor-Q
働くみんなの連合サポートQ

相談事例集

Q
契約先から会食に強引に誘われて困っています。
A
セクハラ指針も活用しながら、契約先の代表者や上司に相談してみるなどの対応が考えられます。

解説

男女雇用機会均等法において、事業主は、職場において労働者がセクハラなどによって就業環境が害されないようにするために、労働者からの相談体制の整備などの雇用管理上必要な措置を講じる義務が課されています(均等法11条Ⅰ項)。そして、この雇用管理上の措置義務を具体化するものとして、セクハラ指針(正式には、事業主が職場における性的な言動に起因する問題に関して雇用管理上講ずべき措置についての指針)が定められており、事業主の方針等の明確化及びその周知・啓発(例えば、セクハラは行ってはならないことを就業規則などに定め、これを職場に周知・啓発するなど)、相談や苦情に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備(例えば、相談窓口の設置と周知など)、職場におけるセクハラに対する事後の迅速かつ適切な対応(セクハラの申出があった場合の事実関係の迅速・正確な調査、セクハラが確認できた場合の被害者に対する配慮、行為者に対する措置など)といったことが定められています。
これらは職場における労働者を対象とするもので、フリーランスなど職場外の者への適用はありませんが、ご質問のようにフリーランスなどに対するセクハラも社会で大きな問題とされており、2020年6月1日施行の改正セクハラ指針では、事業主は、雇用する労働者が個人事業主などに対する言動についても必要な注意を払うよう配慮するとともに、事業主自らと労働者も、労働者以外の者に対する言動について必要な注意を払うよう努めることが望ましいとされました。そして、これらの職場外の者から職場におけるセクハラに類すると考えられる相談があった場合には、その内容を踏まえて必要に応じて適切な対応を行うように努めることが望ましいとされました。
これらの指針も活用しながら、取引先の担当者の上司の方や会社に相談してみるなどの対応が考えられると思います。

 

フリーランスのひとことメモ

 

「仕事とプライベートの線引き」は、しっかりと行うことが大切です。特に、フリーランスともなると、自分自身で仕事の時間と暮らしの時間をきっちりと仕分けていかないと、なにもかもが総崩れになっていってしまいます。あなたはあなた自身を経営する経営者、個人事業主なのです。あなたの時間はあなたの財産であり、その財産をどう活用していくかを決定するのは、あなた自身です。にもかかわらず、あなた自身が望んでいないのに、クライアント(発注者)が、その強い立場を利用して強引に食事の誘いをかけてきたりする行為は、立派なハラスメントです。

 

もちろん、すべての会食が悪いわけではありません。誘った側も、「仕事を円滑に進めるために、食事をしながら、ざっくばらんなコミュニケーションをしておきたい」と思っているだけなのかもしれません。ですが、仮にそうだったとしても、食事はあくまでもプライベートな領域に属するものですから、あなたが「望まない」のであれば、その誘いに応える必要はないのです。あなたが断っているのに(もしくは、立場上、明確に断ることができず、辛い思いをしているのに)「仲良くなっておいたほうが仕事も進めやすいからさ」「言いたいことをなんでも言いあえる関係になっておいたほうが、お互いやりやすいでしょ」「そろそろ今回の契約も終わるから、今後の君の人生の相談に乗るよ」などと言って、誘いを断れないような状況に追い込んでいく行為は、明確に、ハラスメントなのです。

 

もし会食を受けるとなると、「待ち合わせの時間調整」などの名目でLINE等の連絡先を交換せざるを得ない状況となったり、プライベートで使用しているSNSで取引先ともつながらざるを得なくなったり、というような流れが容易に生まれていってしまいます。そのあたりから「線引き」があいまいになっていってしまい、仕事とは無関係なメールやチャットのやりとりに時間を奪われだしたりして、あなたの大切な「プライベート」がどんどん浸食されていってしまうのです。そして、一度会食を受けてしまうと、二回目以降、断りづらくなってしまい、なんとかして丁重にお断りしようとメールの文面を考えたりしているだけで、さらに時間が奪われていってしまう・・・、といった状況に陥ってしまいます。そうして、あなたが望む「距離感」が崩れていってしまい、あなた自身が精神的に参ってしまう(無駄なストレスを抱え込んでしまう)ことになってしまうのです。繰り返しになりますが、相手方としては「善意」である場合もあります。多くの場合は「善意」によるものなのかもしれません。それでも、あなたが「望まない」のであれば、たとえそれが相手方の「善意」から来る誘いだったとしても、それは「ハラスメント」となるのです。取引先と、仕事だけの関係性を超えて、人と人してつながりあって、深い信頼に基づいて、共に目標達成に向かって一蓮托生で進んでいけるような関係を築くことができれば、それはもちろん非常に素晴らしいことですが、それも、「あなたがそれを望む場合に限った」話です。あなたにとって負担になるようであれば、あなたはあなたのプライベートまで差し出す必要はないのですし、その義務もないのです。

 

ですから、とにかく、「危ない!」と思ったら、「直ちに」「はっきりと」、声をあげることが大切です。まず、「申し訳ないですが、私にとっては負担です」と、率直に伝えましょう。それでも状況が改善しない場合には、「本当に困るので、このままの状況が続けば、誘いを受けていることを公にしますよ」と警告をすることです。昨今SNS上では、過去に自分自身が体験した「しんどかった出来事」を公にするムーブメントが起きています。こうしたムーブメントは、よからぬことを考えている人に、「ひょっとしたら、声をあげられるかもしれない」という意識を持たせることになりますから、抑制効果があります。あなたが声をあげることで、あなただけでなく、あなたと同じように苦しめられている仲間を助けることにもつながっていくのです。なお、Wor-Qには、労働相談窓口のほか、弁護士への相談をサポートする窓口も用意されています。必要に応じて、積極的にご活用ください。

 

なお、このような「誘い」は、セクシャル・ハラスメントの文脈だけではなく、仕事の発注者と受注者という関係全般のなかで、「誰もが被害者となりうる」ことなのです。時間は有限です。あなたの人生そのものです。そうした時間を、あなたの同意なしに奪っていこうとする取引先とは、きっちりと距離を保っていくようにしましょう。それが、長い目でみて、フリーランスとしてのあなた自身が、あなたらしく、生き延びていく道となります。

※「フリーランスのひとことメモ」は、Wor-Qの編集業務を業務委託で担当している「フリーランスとして働いている人」が、個人的な経験等に基づいて執筆しているものです。ひとつの参考としてお読みいただけましたら幸いです。

相談の分類:
相談事例番号:qa30
相談事例ページ公開日: 2021年11月16日