Wor-Q
働くみんなの連合サポートQ

相談事例集

Q
確定申告について。青色申告と白色申告の違いは何ですか。
A
青色申告は、税務署の指導の下で「現金出納帳」や「仕訳帳」「総勘定元帳」などの必要書類を正規の簿記の原則に従って記帳しなければなりません。帳簿の作成は面倒ですが、10万円控除もしくは65万円控除といった優遇措置を受けることができます。

memo

青色申告は税務署の承認が必要なので、届け出をしていない人は自動的に白色申告になります。白色申告時の記帳方法は「単式簿記」と呼ばれ、収入欄の合計から支出欄の合計を引いた残高がわかればいいもの。一般的な家計簿やお小遣い帳に近く、簿記の知識がなくても計算できる手軽さがメリットです。しかし、特別控除などの優遇措置はありません。
一方の青色申告は、税務署の指導の下、「現金出納帳」や「仕訳帳」「総勘定元帳」などの必要書類を正規の簿記の原則に従って記帳します。帳簿の作成は面倒ですが、10万円控除もしくは65万円控除といった優遇措置を受けられます。

なお、青色申告の10万円控除は単式簿記、65万円控除は複式簿記(貸借が一致するように記載)で帳簿をつけます。また、青色申告は承認手続きが必要なため、承認を得たい年の3月15日(10万円控除適用の単式簿記は3月16日以降でも可)までに確定申告書を提出するのが原則です。新規開業した場合は、業務を開始した日から2ヵ月以内に手続きしましょう。

2020年度分の所得の確定申告(2021年2月16日~3月15日)から、青色申告控除額が改正されました。青色申告で65万円の控除を受けるにはe-Taxで確定申告書・青色申告決算書のデータを送信する必要があります。e-Taxを利用しない紙ベースでの申告の場合は控除額が55万円になります。
なお、基礎控除額も改正されました。一律38万円から所得額に応じた控除額に変更となり、年間合計所得金額が2,400万円以下の場合は48万円と10万円控除額が増えました。
詳しくは、国税庁のHPをご確認ください。

相談の分類:
相談事例番号:qa100
相談事例ページ公開日: 2020年10月12日