Wor-Q
働くみんなの連合サポートQ

用語集

W
ふるさと納税

解説

生まれた故郷や応援したい自治体に寄付ができる制度。手続きをすると、寄付金のうち2,000円を超える部分については所得税の還付、住民税の控除が受けられる。自身で寄付金の使い道を指定でき、地域の名産品などのお礼の品もいただける魅力的な仕組み。

ねえねえわーくま、このあいだ、友達が、「ふるさと納税でおいしいお米をもらった」って言ってたんだけど、どういうこと??
ふるさと納税っていうのはね、自分が「応援したい」と思った自治体に「寄付」をすることができる仕組みなんだよ。「寄付」をすることで、その自治体から「返礼品」をもらえるんだ。きっと、お友達は、返礼品として、お米をもらったんじゃないかなあ。
へええ。なんで「寄付」なのに「納税」なの
「寄付」されたお金は、その自治体が、税金と同じように、しっかりと、その自治体のためになることに使われていくからね。納税のようなものなんだよ。おまけに、ふるさと納税の仕組みを作って「寄付」をしたぶんのお金は、2000円の自己負担額を除いた残りの分を、本来自分が納めるべき所得税や住民税の額から控除することができるんだよ。
そうなんだね、じゃあ、ふるさと納税をすることで、納める税金の額が増えるわけじゃないんだね!
そうだね。上手に使えば、自分が税金として納めるお金を、自分が応援したい自治体に、一部、振り分けていくことができるものなんだ。
それはぜひとも活用したいなあ。でも、「ふるさと納税」って、フリーランスでも使えるものなの?
もちろん、「ふるさと納税」の制度は、フリーランスであっても利用できるよ!いつもやってる確定申告の時に、「ふるさと納税」した分の額をきちんと記入することで、「寄付額に応じた税金の控除」を受けることができるんだ。
そうなんだね!どのみち毎年確定申告はやるわけだから、そのときに「ふるさと納税」に関する項目を記入するだけでよいのなら、手間もかからなさそうだね!
うん。所得税に関しては、確定申告時に申告書Bの第一表「寄附金控除」の項目に金額を記入するだけだよ(ふるさと納税制度を通じて寄付した金額から自己負担分2,000円を差し引いた金額)。住民税に関しては、申告書Bの第二表「寄付金控除」の項目および「住民税・事業税に関する事項>住民税>寄附金税額控除>都道府県、市区町村分」の欄に金額を記入するだけだよ(ふるさと納税制度を通じて寄付した金額)。詳しくは、国税庁のウェブサイトや、eLTAXのウェブサイトを見てみるといいよ。
それなら簡単そうだね!
うん、慣れれば簡単だよ。寄付額のうち2,000円は自己負担となる、ということと、「限度額」の設定もあるから、そこだけ注意してね。詳しくは、総務省のウェブサイト(「ふるさと納税ポータルサイト|ふるさと納税の仕組み|税金の控除について」)に詳しく書いてあるから、見てみるとよいよ。あ、あとは、確定申告の際に「寄付金受領証明書」の提出が必要になるから、受け取った証明書はしっかりと保管しておくようにね。
ありがとう、わーくま!よーし、何をゲットしようかなー、お米にしようかなー、お肉もフルーツもいいなー!
そうだねえ、そうやって、魅力的な返礼品を探しながら、日本の様々な地域の魅力を学ぶ時間も楽しいものだけれど、返礼品目当てで「ふるさと納税」の対象を決める、というのでは、「生まれた故郷や、応援したいと思う自治体に寄付をする」という、「ふるさと納税」制度の本来の趣旨からは外れていってしまうよね。
た、確かにそうだね・・・。
基本的は、まず、日頃からお世話になっているような「恩返ししたい自治体」を選んで、その自治体が公表している「寄付金の使い道」が、その自治体への恩返しに正しくつながりそうかどうかを見極めたうえで、「ふるさと納税(寄付)」の対象を決めていくのが望ましいよね。じぶんの出身地を選ぶのもよいだろうし、もしも、フリーランス(個人事業)としての仕事を通じてかかわりをもった地域、お世話になった地域があるなら、そうした地域の自治体を選んで恩返しをする、というのも素敵なことだと思うよ!
なるほどね!そうだ、ずっと仕事でかかわりのある、あの地域の自治体に、ふるさと納税の仕組みを使って寄付してみようかな。さっそく、「寄付の使い道」を確かめて、寄付してみるよ!
すばらしいね!フリーランス(個人事業主)として、毎年確定申告をして、自分で所得税・住民税の納付手続をしていると、「じぶんが納める税金の使い道について、じぶんでもっと能動的に決められたらなあ」、と思うこともきっと多いよね。「ふるさと納税」の仕組みを積極的に利用して、税の使い道(の一部)を、自分で決めていこうね!「ひと手間かかる」ものではあるけれど、積極的に活用してみるといいよ!

ありがとう、わーくま!ところで、わーくまの「ふるさと(生まれ故郷)」はどこなのかな?それも気になるなあ。いつか教えてね。いつもありがとうね、わーくま!

「わーくま」についてもっと知りたい方はこちらをご覧ください!

用語の分類: 
用語番号:dict117
用語集ページ公開日: 2021年9月21日